炭酸ガス入浴剤との違いについて

 

ドラムヨーロッパで、古くから親しまれてきた炭酸泉の効果が、最近、日本国内でも注目を集めています。炭酸ガスの効果により血管が拡張するため、血液の流れが良くなって温かさが長持ちするため、冷え症や高血圧、動脈硬化などを和らげる効果があるとされています。また、ダイエットにも効果があるとされ、愛用する人が増えてきています。そのため、店頭で炭酸ガス入浴剤や、給湯器直結タイプで炭酸泉をつくり出すソーダバスなども販売されるようになりました。炭酸ガス入浴剤と炭酸泉のソーダバスで違いはあるのでしょうか。どちらも炭酸の健康効果を期待できるものという点で共通しているのですが、違いは薬剤の使用の有無と、濃度にあります。市販の入浴剤の場合には、タブレットにする際に、さまざまな薬剤が添加されていることが多いようです。また、炭酸の濃度については、ソーダバスの方が入浴剤よりも高濃度となっており、約20倍ほどの差があるとされています。その一方、入浴剤については1回分が100円前後と安価ですから、気軽に炭酸泉を試すことができます。タブレットで効果を実感して、さらに高濃度のものを採り入れたい時には、ソーダバスも候補となると考えられます。

 

コメントは受け付けていません。